カテゴリ: 科学・技術

冬らしく雪だるま

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/010700017/

http://amzn.asia/d/8w7Gauw

IPCCの都市化した気温の補正方法
http://blog.livedoor.jp/ohta_geo/archives/51940616.html

https://gatebox.ai/home/


無動力歩行アシスト機 aLQ by ACSIVE(アルク)

核DNA解析すごいですね。
大きく見て日本人の縄文人と弥生人以降の混血であること。
なんとなく感じていた通り、やはり縄文人とアイヌ人は関係が深いこと、その次に琉球人が、等々。

縄文人の核ゲノムから歴史を読み解く

http://japanese.engadget.com/2017/12/20/cm/

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011262861000.html
二日前の12月18日にタイトルのニュースを見た。
地球に関するデータ収集の探査は地道なものなので、それをロボットを使って効率的に探査して3Dビジュアル化してなぜコスト半減出来るのかはしゃぎすぎだと思う。
さすがに関係者で真に受けている人はいないと思う。
多分国の予算を受ける際に一般人から文句が出ないようにするためのパフォーマンスでないか。
実際に、資源開発会社とJAMSTECの共同開発と言っているが12月20日現在の国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)のニュースにもなっていない。
研究グループ「海のジパング」代表東京大学の浦辺徹郎名誉教授。
浦辺先生は真摯な方だと思いますが。
内閣府の科学技術政策に乗ってますからそうなんでしょうね。

資源をやってきた知人によると、そもそも海底資源の利用は、探査以上に採掘技術と採算性が遥かに高いハードルで程遠いお話らしい。
ただ研究を続けることには反対しない。未来の技術のことなんてわからないし、遠い将来の可能性を追求するのは良いこと。

推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた



http://www.asahi.com/articles/ASKCB2DJJKCBUHBI002.html

ハワイ語で「最初の使者」を意味する「オウムアムア」と命名。岩石と金属でできた細長い「葉巻形」

http://www.asahi.com/articles/ASKCN6W22KCNPLBJ00C.html

雷が大気中で核反応、反物質生む 京大など世界初観測


興味深い

↑このページのトップヘ