カテゴリ: 熊本地震

イメージ 1

イメージ 2

熊本地震の発生をきっかけに活断層の活動度や発生する地震の想定規模の資料を表面的にですが見ました。
そこで、活断層による評価はもっぱら地質学的根拠による過去の活動履歴と活断層の延長などによって判断されていることがわかりました。
測地的な歪みのデータは全く考慮されておらず、明らかに欠陥があります。

地球規模で見るとプレートの沈み込みによる、地震と火山の分布地域がほぼ一致することは良く知られています。
もっと詳細に見ると火山が分布する地域の近傍にはかならず活断層が分布しています。

むしろ、歪みによる破壊の現れ方に活断層と火山があるような気がします。

つまり、破壊した場所は、あると所では火山が噴出し、ある所では活断層となるのではないでしょうか。

今回の熊本地震は、明らかに、阿蘇山の新しい噴出物に覆われて活断層が隠れてしまっていると見られるころでも地震が発生しており、また、阿蘇山やくじゅう連山は活断層の延長上にあり、かつ、震源とはなっていません。

研究者からも提言があったようです。

発生確率推定見直しを 活断層区分の再考も必要 熊本地震、研究者が提言
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/247602
西日本新聞web版2016年5月26日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

熊本地震の震源についていくつか
・偶然でしょうが、熊本県と大分県の県境で新現場ぷっつりと途切れる
・阿蘇山を横断して、活動域はつながっている→阿蘇山の噴出物で覆われて隠れていた活断層がある
・阿蘇山の現在もマグマが活発に活動する中央火口周辺は地震が少ない→高温で塑性的なせいか
・大分と熊本の活断層は連動するが連続しておらず雁行しているか

図は上から順に
・気象庁熊本地震160428報道発表資料より
・地質図Naviより震源、活断層
・地質図Naviより震源、活断層、地質

↑このページのトップヘ