カテゴリ: 東日本大震災

「東日本大震災:岩板境界、滑りやすかった 探査船が採取

毎日新聞 2013年12月06日 04時00分

 東日本大震災の巨大地震を引き起こした東北沖の海底下にあるプレート(岩板)境界は、滑りやすい状態だったことが分かったと海洋研究開発機構などの研究チームが発表した。岩板境界の断層を採取して分析した。6日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

 チームは震源となった宮城県沖約220キロの日本海溝付近を、地球深部探査船「ちきゅう」で調査。水深約6900メートル、海底下約850メートルまで掘削し、断層を採取するとともに、縦穴に数珠つなぎで55個の温度計を設置。昨年7月~今年4月に温度を計測して地震発生時の摩擦熱を予測し、断層がどのくらい滑りやすかったかを算出した。

 その結果、断層は約8割が水を通しにくく滑りやすい粘土でできていた。また厚さは5メートル未満と薄くて動きやすく、摩擦熱の解析結果からも断層が非常に滑りやすい状態だったことが分かった。

 同機構の木下正高・高知コア研究所長(地球物理学)は「巨大地震や津波が起こる要因は、断層の地質条件にあることが分かった。南海トラフなどの断層も詳しく地質を調査すれば、地震予測に役立つ可能性がある」と話す。【斎藤有香】」

趣旨に全く同意見です。
信じがたい事態がつづいています。
毎回毎回、東電はさも今はじめて気がついたようなことを言い、発言すべき立場の組織は見てみぬふり。


以下「武田邦彦」中部大学教授のページのコピー


東電がタンクに貯めた汚染水の管理をサボり、大量(300トンも)の汚染水(放射性ストロンチウム8000万ベクレル)が漏れたと発表した。報道が事実とすると総量で24兆ベクレルになり、とんでもない量だ。

このまま土または海を汚染するのは間違いない。汚染水の漏洩はこれで4回目で、今後も続くだろう。

ところで、原発事故ですら「不可抗力」とは言えない上に、放射性物質の拡散防止、汚染された土壌の除染、回収、被曝した人への補償、生活を破壊したことに責任、そして今回の汚染水の漏洩・・・どこまで日本を破壊しても、法令を破っても、記者会見では記者が「教えてください」、「ありがとうございました」と言い、政府も東電に「福島原発は東電のもの」という態度をくずさず、電気代の値上げを認めようとしている。

新聞や政府ばかりではない。専門家、東大教授、はては芸能人まで原発事故を小さく見せようと必死だ。最後の頼りの司法もうごかない。

でも、これはあまりにもハッキリした犯罪だ。人の生活を破壊し、日本列島や太平洋を汚染し、食材を食べられないようにして、それでも平然としている。

すぐ、犯罪として逮捕しなければならない。これほどの巨悪を法令の隙間をぬって言い訳するのなら、裁判員裁判制度などいらないではないか。汚染水を漏らした責任者を直ちに逮捕すれば少しは自分たちがやっている事が犯罪であることを知るだろうし、電力の人も「原発の恐ろしさ、経営リスク」というものを知るだろう。

人に被害を与えても罰せられないということになると(お金の補償だけですむ。お金は電気代を上げれば良い)、原発を再開するべきかの冷静な議論ができなくなる。

(平成25年8月20日)

武田邦彦

私も報道当時はボーとして聞いていましたが、武田先生の言うとおりとんでもない話です。
環境省(政府)は犯罪を起こした東電に証拠品(福島・楢葉町で見つかった、表面の放射線量が高い物質)を渡している。
ありえないことです。世の中狂ってる。

中部大学武田教授「東電、無主物を持って行く!・・・環境省が証拠隠滅に荷担か?」
http://takedanet.com/2013/07/post_fb94.html
FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00249157.html

{復興庁の幹部職員が短文投稿サイトのツイッター上で、職務上かかわった国会議員や市民団体を中傷するコメントを繰り返し書き込んでいたことが13日、わかった。同庁はこの幹部職員から事情を聴取しており、処分を検討する。
不適切な「つぶやき」を繰り返していたのは、水野靖久復興庁参事官(45)。総務省出身のキャリア官僚で、千葉県船橋市副市長を経て昨年8月に復興庁に出向した。現在は東京電力福島第1原子力発電所事故の被災者支援を担当している。」
日経新聞web版6月13日より抜粋

http://matome.naver.jp/odai/2137107796227868301

http://ch.nicovideo.jp/masayukisatomura/blomaga/ar258930

敵を見誤るな福島県人!
やっと正しい動き。応援します!
がんばれ!30km圏外も!

原発被害、8町村が国と東電に完全賠償請求決議
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111203-OYT1T00682.htm

「福島県の児童の甲状腺値が異常」
今日の「とくだね」での報道を見た。
当然予想されたこと。
やはり、調査をしたのはNPO、チェルノブイリの児童の調査なども行った団体だという。
番組に出ていた識者は、(原発事後による子供の健康被害の可能性が高いのに、そうであるかどうかの判断は、利害関係があるので、子供の命は二の次にして)、放射能の影響かどうかは慎重に判断すべきという。

この事態は、このブログでも事故当時に述べたとおり、初動で、(国やアメリカ政府が持っていたデータで)汚染実態データに基づき、適切な避難を実施していれば避けられたこと。
高濃度汚染地域が、同心円状でないことは、事故発生当時からわかっていました。

http://blogs.yahoo.co.jp/egeo_2000/60443995.html
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/3a841e3a24bd46b64c62802285c84c5a/
http://blogs.yahoo.co.jp/egeo_2000/60491923.html

今後、子供の甲状腺癌増加に代表される健康被害が現れきた場合の政府、東電、地方行政の言い訳は、過去の歴史からわかりきっている、下記のせりふ。


「放射能汚染と、異常値、疾病の因果関係は不明」

被爆地域の住民、なんでもっと怒らないのかな?


私自身は年間1ミリシーベルト異常の汚染地域の松戸市にしばらくいましたが、もういい年のおやじなので被爆の影響が出ても、寿命で死ぬのと変わりないと、気にしませんでしたが(食べ物の産地は多少は気にしたが、産地偽装があるからどうしようもないと思う)。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011061300840&j4

結果うんぬんより、やっぱり民主主義はヨーロッパのものだとつくづく感じる。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110613/dst11061320410020-n1.htm

東電の被爆管理がずさんなのはすでにわかりきったことなので興味もうせたのですが一応。

ただひとつ言いたいとこが。
被爆量が多い作業員に同情はしません。
なぜなら、ずさんな東電の管理を知って作業を続けているわけですから。

そうやって声を上げないで弱者が自ら犠牲者になり、そして結局は悪いやつを支える加害者になることに気がつかない、日本人のそんなところが私は題きれいです。

何をすべきか。
作業員たちは団結して、きちんとした被爆管理を求めるべきです。

かれらは自分の職務をまっとうしているのに、なぜ被爆管理者に職務を全うすることを求めないのですか?

東日本大震災:汚染水処理後の放射性物質、汚泥1立方センチに1億ベクレル

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110610ddm002040052000c.html

福島第2原発:汚染水3000トン放出案 水産庁は反発

http://mainichi.jp/select/science/news/20110609k0000m040065000c.html


放射性物質:77万テラベクレル…総放出量を上方修正
http://mainichi.jp/select/science/news/20110606k0000e040073000c.html


福島第1原発:港湾内の放射性物質は14兆ベクレル

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20110525k0000m040065000c.html




で続ける核のごみ

西側3国が天野氏外しと米紙 福島原発対応に不満

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は9日までに、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長の福島第1原発事故への対応に不満を抱く「西側3カ国」が、原子力関係の国際会合から天野氏を外す動きに出ていると報じた。
 同紙によると、この3カ国の原子力担当の高官は、IAEAが福島原発事故について正確で速やかな分析ができなかったと批判。日本の外交官出身の天野氏はいまだに日本政府の影響下にあり、日本の危機対応などを「適切に批判しているのか疑問が出ている」としている。(共同)

↑このページのトップヘ