カテゴリ: 未固結層

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

自宅周辺は下末吉面の台地ですが露頭は一、二箇所暗いしかありませんが、昨年結構大規模に宅地造成で切土をしていました。
バケットの引っかき傷ばかりであまり良くは分かりませんが。
2017年5月5日撮影

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

群馬県東吾妻町の路頭。中新世の安山岩を覆っています。
更新世の堆積物とのことですが、基質は結構固結していて、写真の通り直立した崖をなしています。
淘汰の悪い礫層です。
それと吾妻峡。岩盤は中新世の安山岩溶岩。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

これも古い写真で撮影場所は残念ながらはっきりおぼえていませんが、釧路市の西だったと思います。
第四紀更新世の釧路層群だったと思います。土取場です。
見事な養鯉です。地表付近には海岸段丘の砂礫層が乗っています。
牧場の馬がいかにも北海道。

↑このページのトップヘ