カテゴリ: 今日の単語

DIAMOND onlineより無断転載

------------------
最大の岩盤規制は自民党税制調査会だった


 12月12日(木)に、自民党と公明党が2014年度の与党税制改正大綱を決定しました。そこから明らかになったのは、日本で最大の岩盤規制は自民党税調だということです。岩盤規制というと、改革がなかなか進まない雇用、農業、医療、教育といった分野の規制がイメージされがちですが、自民党税調はそれ以上に経済再生を妨げていると言っても過言ではありません。
軽自動車の税金だけ増税
低所得者へのしわ寄せ

 与党税制改正大綱に関して新聞報道を賑わしているのは、消費税増税に伴う軽減税率です。結局、“税率10%時に導入”、“14年12月までに結論を得る”という結論先送りの表現になりましたが、それも導入に積極的な公明党が頑張ったからに他なりません。自民党税調だけだったら、もっと導入に後ろ向きな表現で終わっていた可能性があります。

 しかし、それも変な話です。消費税増税時の低所得者対策としては、低所得者への給付金と軽減税率の2種類があります。来年4月の8%への増税の際は前者の給付金で対応(1万円)となっていますが、これは15年10月の再増税までの期間をカバーしたものに他なりません。

 つまり、自民党税調は、消費税の10%への増税は是非ともやりたいけど、その時の低所得者対策については結論を先送りしただけなのです。その理由はおそらく、低所得者への配慮よりも、時間をかけて財政負担や税収減が最小となる手段を考えるということを優先しただけです。

 一方で、自動車関連では、自動車の購入時にかかる自動車取得税を減税すると同時に、軽自動車税を増税しました。自動車の購入時に消費税と取得税がかかるという二重課税の議論から始まったはずなのに、その減税分の財源は自動車関連の他の税で取り返すという、経済全体ではなく自動車関連の狭い税の世界の中だけで帳尻合わせをする形で終わり、結果として、低所得者がもっとも使う軽自動車で増税となったのです。
このように個別の税の世界での帳尻合わせに終始した結果、消費税が10%のときの低所得者対策は先送りで、低所得者の足である軽自動車の税金は増税と、低所得者にしわ寄せが行く結果となりました。それで本当の意味での日本経済再生ができるのでしょうか。
「代替財源がないから」方向性見えず
法人税減税を巡る顛末

 更にひどいのは、法人税減税を巡る議論です。復興特別法人税については官邸の要望どおりに1年前倒しで廃止となりましたが、安倍首相が望み、すべての外国人投資家も期待している法人税減税については、“引き続き検討”の一言だけで、方向性はもちろん、いつまでに検討を終えるかの期限さえも明示されませんでした。

 その理由もおそらく、法人税減税に伴う税収減を埋める代替財源が見つからないからという、またも税の世界の中だけで物事を完結しようという論理に他なりません。

 そして、もっとひどいのは国家戦略特区を巡る税制の議論です。今や、安倍政権の成長戦略の中で、構造改革路線を維持し、外国人投資家からも評価されているのは国家戦略特区だけです。

 その国家戦略特区と税制の関係では、特区内で法人税を大幅に引き下げたいという要望が多く提出されており、安倍首相も自民党税調に対して前向きな対応を求めたにも拘らず、結果はほぼゼロ回答でした。来年春に自民党税調を開催して特区内での大幅引き下げを議論させてほしいという要望も無視され、これまでの総合特区で実現しているのと同じ程度の設備投資減税や研究開発税制の特例措置の導入だけで終わってしまったのです。

 この理由も、法人税減税と同様に代替財源がないということでしょうが、税の世界の中だけの狭い論理で、安倍政権の成長戦略で唯一評価されている国家戦略特区もパワーアップが困難になってしまったのです。
党税調の先祖帰りと諮問会議の機能不全

 しかし、本来は税や財政は経済と一体として考えるべきです。その理由は簡単で、経済がより成長すれば税収は増えるからです。だからこそ、小泉政権では経済財政諮問会議が中心となって経済と財政を一体的に検討したのです。

 そう考えると、今の自民党税調は、経済を無視して税の世界だけで帳尻合わせを考えるという、小泉以前の自民党税調に先祖帰りしたと言えます。それで平気で低所得者に税の世界の論理のしわ寄せがいき、安倍政権の成長戦略を阻害するというのは、本末転倒も甚だしいのではないでしょうか。

 同時に、今の経済財政諮問会議の不甲斐なさも目を覆うばかりです。今回の税制改正を巡る議論では、諮問会議の存在感はゼロでした。自民党税調が税の世界の論理だけで暴走するなら、それにストップをかけるのが諮問会議の果たすべき役割なのに、それを自ら放棄したのならば諮問会議の存在価値はまったくありません。民間議員の皆さんは辞任すべきではないでしょうか。

 規制改革会議は機能不全を起こして本来の岩盤規制にまったく切り込めてないことに加え、諮問会議が最大の岩盤規制である自民党税調に挑みもしないようでは、安倍政権の成長戦略が良くなることは期待し得ません。政権として本当に成長戦略を成功させたいならば、官邸自らが自民党税調と対決するとともに、諮問会議と規制改革会議の体制の一新を図るべきではないでしょうか。

SankeiBiz×より無断転載
-------------
新型万能細胞「誰も信じず」 理研チーム・小保方さんら開発 (1/3ページ)

2014.1.30 07:15

新たな手法で作られた万能細胞「刺激惹起(じゃっき)性多機能細胞(STAP(スタップ)細胞)」について発表する理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー=2014年1月28日、兵庫県神戸市中央区(共同)

新たな手法で作られた万能細胞「刺激惹起(じゃっき)性多機能細胞(STAP(スタップ)細胞)」について発表する理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー=2014年1月28日、兵庫県神戸市中央区(共同)【拡大】

 マウスの血液や皮膚などの細胞を弱酸性液に浸して刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)のようにさまざまな細胞になる万能細胞を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームが成功した。開発した小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)らは、全く新しい万能細胞として「刺激惹起(じゃっき)性多機能性獲得(STAP(スタップ))細胞」と命名。1月30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。iPS細胞よりも簡単に作製でき、安全性も優れているという。人の細胞で作製できれば再生医療への応用が期待される。

 弱酸性液で刺激

 体の細胞を万能細胞に作り替えるには、初期化という作業で受精卵の状態に細胞を逆戻りさせる必要がある。iPS細胞は遺伝子を導入し初期化するが、今回の方法は酸性の溶液に浸すだけで簡単なのが特徴。

 研究チームは生後1週間以内のマウスの脾臓(ひぞう)から、血液細胞の一種であるリンパ球を採取し、水素イオン指数(pH)5.7の希塩酸溶液に約30分浸して刺激。これを培養すると数日で初期化が始まり、多様な細胞などに変化する能力を持つ細胞(STAP細胞)の塊になった。これを別のマウスの受精卵に注入し、仮親に移植して子を生ませると、STAP細胞は全身に広がり、神経や筋肉などのあらゆる細胞になる万能性を持っていることが確認できた。

実験は一進一退 「誰も信じてくれなかったことが何より大変だった」

iPS細胞は遺伝子の導入に伴うがん化のリスクがあり、初期化の成功率も0.2%未満と低い。これに対しSTAP細胞は、外的な刺激を与えるだけなのでがん化のリスクが低く、初期化成功率も7~9%。研究チームはメカニズムを解明し再生医療への応用を目指す。

 論文受理まで5年

 「誰も信じてくれなかったことが何より大変だった」。研究発表の会見で、小保方さんはこう振り返った。スタートは2008年。ハーバード大で担当教官との議論から始めた実験で偶然、外部刺激による初期化の知見が得られた。だが実験は一進一退。共同研究者すら見つからず、「泣き明かした夜は数知れないが、今日だけは頑張ろうと思ってやり続けた」。

 ネイチャーへの最初の論文投稿では「何百年の細胞生物学の歴史を愚弄している」とまで否定された。「きっと間違いだ」と、周りの研究者も首をかしげたが、「必ず人の役に立つ」との信念を貫き、約5年で論文受理にこぎつけた。

千葉県松戸市生まれ。高校時代にたまたま手に取った科学雑誌の特集記事で「社会に貢献できる」と再生医療に強い興味を持った。「お風呂の時もデートでも四六時中、研究のことを考えていた」というほどの研究の虫。実験で着るのは白衣ではなく、祖母からもらったかっぽう着。「おばあちゃんに応援されているような気がするから」。実験室の壁はピンク色に塗り替え、机にはキャラクターが並び、研究室にはペットのスッポン。「この子が来てから実験が軌道に乗ったので幸運の亀なんです」と笑顔を見せた。(SANKEI EXPRESS)

 ■万能細胞 神経や筋肉、血液など体のさまざまな組織や細胞になる能力がある細胞。受精卵の一部を取り出して作る胚性幹細胞(ES細胞)や、京都大の山中伸弥教授が作製を報告した人工多能性幹細胞(iPS細胞)が代表例。iPS細胞は通常、皮膚などの体細胞に遺伝子を導入して作る。事故や病気で失った組織や機能を修復する再生医療や創薬、病気のメカニズム解明への応用に向け研究が進む。ES細胞は受精卵を壊すため倫理面の課題や、移植した際の拒絶反応の問題がある。iPS細胞はがん化を防ぐなど安全性の向上が課題となっている。
ー---------------

イメージ 1

ちょっと機会があって、斜面安定問題での計画安全率1.2はどうやって決められたのか書かれているかと思い、雑誌「地すべりVol.45,No.6、2009年1月」の講座「安全率を考える」の座談会を読みまた。
最終回の座談会で高速道路技術センターの奥園さんが面白いことを言われていました。

奥園さんによると、過去のすべらせた事例では、安全率5%向上でだいたい沈静化し、10%向上でだいたいとまる。10%前後で復旧完了しているところで10%未満のところはその後亀裂が入ったりしたところがある。20%向上で復旧したところはこわれていない。
Fs=1.2はいい線いってると。
ただ、奥園さん(かなりご高齢だと思いますが)でもFs=1.2を誰が決めたか知らないとおっしゃってます。
奥園さんは、実務寄りで対策工との絡みについて話をされていますが、大学の先生は対策工には興味がないので、禅問答みたいで話がかみ合っていない座談会に思えました。

話はそれますが、表示した図は奥園(1983)「切取斜面の設計から維持管理まで」の20ページに示されている、掘削前と後の弾性波速度の比較図です。
そしてこの図について、次のように述べています。(以下抜粋)
「まずいえることは、いかにばらつきが大きいかということである。これは弾性波探査そのものの精度がこの程度のものであるということを物語っている。当初の予測では、同図のVpaとVpbを比較すれば速度の低い領域ではVpa=Vpbであるが、速い速度部分ではVpa>Vpbとなるのではないかと思われた。しかし、図のばらつきの方が大きく、このような問題は、ここでは無視せざるをえないと思われる。」
苦労してデータを集めても、結果がだめなら変に変にいじくり回さずあっさり切り捨てる、この姿勢が好きです。

火山岩と火山砕屑岩について

火山岩(volcanic rock)と火山砕屑岩(pyroclastic rock)については、特にフィールドでの産状は大変わかりづらく混乱しやすいので、自分のために整理してみた。
火山岩とはドロドロに熔けた熔岩が固結してできた岩石である。
一方、火山砕屑岩とは火山砕屑物が固結してできた岩石である。ここで火山砕屑物とは火山の噴火によって飛散した物質の総称で、起源としては、新しく地表に上がってきたドロドロに熔けた熔岩が飛び散った物質、噴火以前からあった火山の一部が吹き飛ばされた物質があり、形態的には岩塊、礫、火山灰、火山弾、軽石などがある。
分類は目的によって、形態、成因に基づくものなどいろいろあるが、注意深く読めば理解できるが、フィールドではこれらの区分が困難なことがむしろ普通である。
この理由は、
第一に、岩石の物質の生成と移動、堆積、固結が、他の岩石とは異なり、地質的スケールでは一瞬にして起こってしまうこと。
第二に、火山岩である(冷え固まった)熔岩と、堆積岩に分類される火山砕屑岩が実は同時に同じ場所(厳密には隣接して)形成される(同時異相)こと。
にあると考えられる。
つまり、液体のマグマが、噴出、爆発により、一気に移動し、熔岩流、火山灰となって堆積し、固化する過程が、堆積岩や変成岩とは比較にならないほど急激に行われることから、火山砕屑岩の方は火山岩とも堆積岩とも取れる形成過程を経ており、火山岩か堆積岩かにこだわること自体、あまり意味のないことある(実際に凝灰岩は本によって堆積岩に分類されていたり、火成岩に分類されていたりまちまちである)。
生きている火山の噴火によって、ドロドロに溶けた熔岩や火山砕屑物から、火山岩と火山砕屑岩ができる様子が目の当たりにできることものであるから、当然ながら研究者は両者を同時に研究対象とするし、教科書では一括して扱われる。

特に水中火山岩類については特にむずかしく、山岸による水中火山岩類の記述によれば、
水中火山岩(subaqueous volcanic rocks)-水中熔岩(subaqueous lave)
-給源岩脈(feeder dyke)
        -水中火山性砕屑岩(subaqueous volcaniclastic rocks)
(ここで、すでに火山岩類についての分類に、火山性砕屑岩という堆積岩にも分類される岩石名が使用されている。)
なかでも水中火山性砕屑岩(subaqueous volcaniclastic rocks)は
水中火山性砕屑岩(subaqueous volcaniclastic rocks)
-ハイハロクラスタイト(自破砕熔岩,塊状ハイアロクラスタイト,in-situ brecciaとも呼ばれる)
     (熔岩や岩脈が水冷による脆性破壊により形成されたもの)
-火砕岩(狭義)(爆発的噴火により火口から放出された火山砕屑物が堆積固結したもの)
    -火山性二次堆積岩(volcanic breccia, volcanic conglomerateがある)
(地形営力により本質火砕物が二次的に運搬堆積固結したもの)

ここで、水中火山性砕屑岩(subaqueous volcaniclastic rocks)とは、成因や起源とは関係なく火山性物質からなる堆積岩のことをさしている(水中がつかない火山性砕屑岩も同様)。一方、火砕岩とは実は火山砕屑岩の略称で、火口から噴出した火山砕屑物が直接堆積固結した岩石である。ここでも水中火山性砕屑岩の分類下の細分類で混乱を招くような用語を用いているが、このことがまさに露頭スケールでこれらを区分することのむずかしさを現している。
この中で、特にハイアロクラスタイトは、火山岩と火山砕屑岩に大分類した時に、火山岩の方へ分類した「熔岩」なる用語が「自破砕熔岩」なる用語として用いられている。
さらに、火山性二次堆積岩について、ハイアロクラスタイトが斜面を流動したときに異質物を取り込み、混沌とした岩相を示す堆積岩を呼ぶ場合があり、火砕岩とは漸移的であり、両者の区分が困難なため、量比で便宜的に区分することが多い、述べており、フィールドでは水中火山性砕屑岩内の区分もむずかしいことを認めている。
山岸は記述でわざわざ、水中火山性砕屑岩の識別方法について一項を設けていることにも、フィールドでの認定のむずかしさを現している。
さらに、
ハイアロクラスタイトとは、熔岩や岩脈が水冷による脆性破壊により形成されたものである、との説明にあるとおり、まさに流動し固まりつつある熔岩のうちバラバラに砕けたものであり、本質的には熔岩の一部といえるものである。これを、火山砕屑岩に分類しているので専門化でもなければ混乱が生ずるのも当然と言える。
しかし、すでに述べてきたように、この分類が誤りということではなく、自然界は人の都合で簡単に割り切れるものではないことを物語っている、と強調したい。

参考資料
久野久(1954)「火山及び火山岩」
地学団体研究会(2001)「新版地質調査法」
地学団体研究会(1970)「地学事典」など

イメージ 1

イメージ 2

9月からずっとかかわってきた仕事が、2月1日にようやく検定が無事終わり、ひと段落つきました。
まだまだ、残務はありますが。それから、今年は3月末まで、地元札幌で仕事ができそうです。ありがたいことです。
昨年はこの業務ともう一件、レーザープロファイラによる地形図を使った踏査がありました。
レーザープロファイラ地形図はすごい実感しました。斜面踏査に関しては、踏査の手順がいままでとは変わるほどの精度をもってます。
以前は、斜面踏査と言えば、

・既往文献の調査
・空中写真判読
・現地踏査

の流れでしたが、レーザープロファイラの地形図があっても、手順としては、

・既往文献の調査
・空中写真判読
・レーザープロファイラ図による地形判読
・現地踏査

となるだけですが、中身が違います。
以前は、なんと言っても現地踏査が決定打でしたが、レーザープロファイラ地形図がある場合には、空中写真判読は、補助程度(裸地のある新しい崩壊地の把握に威力を発揮しますが)、現地踏査ですら、地形確認と、変状確認が中心で、地すべりや沖積錐等の第四紀地形の判読は、レーザープロファイラ地形図による判読が主体となります。
レーザプロファイラ地形図は、木材の切り出しに一回つかったきりの作業道まで描き出すので、それはすごい精度です。

1.1月26日の自宅前、正月少雪だったのにいつの間にか大雪に
2.2月3日、開催前の大通雪祭り会場の一角

気象庁が大雨警報に使用「○○市では過去数年間で最も土砂災害の危険性が高まっている」
土砂災害警戒情報
http://www.jma.go.jp/jp/dosha/

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

「東北日本の山間河川沿いには、気候変化に起因する堆積段丘が多数知られている。堆積時期は最終氷期の寒冷・乾燥期にあたる。(山地の地形工学P62)」とあります。
工事凍結となった静内中札内線という、日高山脈を横断する道路の調査にかかわっていた時に、標高2000m近く、険しい稜線から5km程度しか離れていない河床幅も100mに満たないV字谷で、玉石層の層厚50mもある箇所に出くわしました。しかも、埋積された側方斜面は今よりも険しい。
現在、砂防ダムが多数設置されていて環境も変わっており、時期的に最終氷期のものかはわかりせんが(たぶんそうなんでしょうが証拠はない)、印象的な事例でした。
また、地図には現在の河床から比高150mのところにはっきりした河成段丘が見えます。
1.日高山脈の札内川上流の平面図
2.飛騨山脈の札内川上流の鳥瞰図(東側から)
3.稜線から川を見下ろす
4.片麻岩やミグマタイトなどの玉石がぎっしりの河原の様子

最近はここまで議論しているんですね。
歪集中帯では、マントルウエッジ内の高温の低速度帯(マグマの供給源でもある)が軟らかいため、プレートに押される応力による歪が集中する。
また、マントルが軟らかいところは、蛇紋岩化しているというのは、地質屋として面白い。

島弧地殻の変形様式と内陸地震(東北大学地震・噴火予知研究観測センター)
http://www.aob.geophys.tohoku.ac.jp/zisin/seika3.html

西南日本前弧ウエッジマントルの蛇紋岩化の地域性:テクトニクスに対して持つ意味
(瀬野徹三、山崎雅)
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/seno/Papers/wedge.geti.pdf

またまた、プレート運動にからむ、日本列島の大構造のはなしですが、地震の詳細な観測が、日本列島の火山とマグマと発生のメカニズムについても、具体的な解答をだしてきています。
日本列島の火山を形成したマグマは、過去の描かれたような、沈み込むプレートからまっすぐ上昇するのではなく、「マントルウエッジ」という、斜め上昇流に沿って近くまで運ばれる、これが基本的なメカニズムと言うことです。

沈み込み帯の構造とマグマ生成・上昇(東北大学地震・噴火予知研究観測センター)
http://www.aob.geophys.tohoku.ac.jp/zisin/seika2.html

中部日本の三次元地震波速度構造-マントル上昇流と新潟・神戸歪集中帯の深部構造―
○中島淳一・長谷川 昭(東北大・院理)
http://www.aob.geophys.tohoku.ac.jp/~nakajima/research/presentation/2005/abstract_SSJ_tomo.pdf

先日の新潟中越沖地震により、新潟神戸歪集中帯が一般にも注目をあつめています。
先日書いたスロー地震といい、地震、測地、地球物理、地質が連携して、地球テクトニックのダイナミックで具体的なことが判ってきていますね。
新潟より北は、海底なのでデータは無いですが、北海道の日本海沖までからサハリン沖まで、活断層や北米プレートとユーラシアプレートとの境界は海底につづいているし、札幌も安心でないな、と改めて認識しました。


新潟神戸歪集中帯図(判りやすい図)(名古屋大学鷺谷助教授HP)
http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/~sagiya/images/fig1.jpg

歪集中帯とは(名古屋大学鷺谷助教授)
http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/INFO/niigata070716/hizumi_shuchutai.html

速報]2007年中越沖地震震源域周辺海域の活断層 鈴木康弘(名古屋大学)・渡辺満久(東洋大学)・中田 高(広島工業大学)
http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/INFO/niigata070716/katsudansou.pdf

日本海での北米プレートとユーラシアプレートの押し合い(北大島村教授)
北海道沖を走るこの境界は、なんと大西洋の海嶺につづくんだそうです!実に面白い!
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/populi/edition12/saigai03.htm

地震が発生するしくみ(一般向け)(静岡県地震防災センタ)
http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/why/b-01.htm

↑このページのトップヘ