誰かの忠実な子分であることを人生としてきた佐川氏。
最後まで自分で泥を被るのではないかな。