「民間企業の参入促し…横浜市で待機児童数ゼロに(05/20 14:01)

 横浜市は、入所を希望しながら保育所に入ることができない待機児童の数が「ゼロになった」と発表しました。

 横浜市・林文子市長:「横浜市全体が子どもたちを健全に育てたいという思いで、それぞれの力が集結した」
 横浜市では、2010年に待機児童の数が全国で最も多い1552人となりました。このため、民間企業の参入を促すなどして保育施設を500カ所余り増やしました。さらに、「保育コンシェルジュ」を配置するなどし、入所希望者約4万9000人に対し、待機児童はゼロになったということです。
テレ朝ニュース5月20日より」

やればできる!