2017年11月

さらに、貴乃花親方の行動を非難するようなコメントを出したことに、「協力しないというのは組織ではいかがなものか、というのはもちろんある」と前置きをした上で、「なんで加害者をもっと非難せず、被害者側をやたら非難するのか。なぜ被害者をどんどん追い込むの。そんなばかな話はない。これは学校でいじめの被害者の親に『なんで学校に協力しないんだ』とみんなで批判している(ようなもの)」と断じた。

http://www.asahi.com/articles/ASKCB2DJJKCBUHBI002.html

ハワイ語で「最初の使者」を意味する「オウムアムア」と命名。岩石と金属でできた細長い「葉巻形」

https://news.biglobe.ne.jp/economy/1123/sgk_171123_1649678929.html

まったく...

http://www.asahi.com/articles/ASKCN6W22KCNPLBJ00C.html

雷が大気中で核反応、反物質生む 京大など世界初観測


興味深い

民事提訴など法的措置も…貴乃花親方、伊勢ケ浜親方の謝罪つっぱねた

http://www.sanspo.com/sports/news/20171119/sum17111905050002-n2.html

目上や地位の高い人物への暴力や不祥事、親の暴力に甘い社会を変えるにはそれくらいしなければだめでしょう。賛成です。

騒がれています。
理由なんて関係ないのに、暴力を奮ったことを自らも認めている日馬富士をかばうような発言や記事が目立ちあきれます。

貴乃花親方が協会を通さず警察に届けたことも混乱を招いたように、まるで悪者のような言われ方をされ始めています。

私は、貴乃花親方は十分考えた上で、あえてリスクを承知で、自浄できない相撲協会の体質改善を願い、もっとも客観的な解明が出来る、まず最初に警察に届け出るという手段を取ったと思います。
そう考えれば、不本意に捻じ曲げられる可能性が高い、協会とマスコミに対しての発言を控えていることも理解できます。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111400727&g=soc



イメージ 1

トランプ大統領のツイート

「私は彼のことを『チビでデブ』と言わないのに、どうして金正恩は私のことを『老いぼれ』と呼んで侮辱するのだろうか?仕方ない、私は彼の友達になるように相当頑張ってみよう - もしかするといつの日かそうなるかもな!」

「奇妙なことかもしれないが、確実に一つの可能性ではある」と答え、まったくの冗談ではないとの認識を示した。「もしそうなれば、北朝鮮にとって良いことだと言えるだろう……そうなるかは分からないが、もし実現すればとても、とても素晴らしいだろう」

プーチン氏との仕事上の密接な関係を築こうとする試みに対する批判を一蹴した。
「そこらのヘイトを行う人々やばか者どもはどいつもこいつも、ロシアと良い関係を築くことは悪いことではなく、良いことだといつになったら分かるのか」「彼らはいつも私利を図って策を弄(ろう)するが、国のためにならない。私は北朝鮮、シリア、ウクライナ、テロリズムの問題を解決したい。ロシアは大きな助けになり得る!」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

2017年5月19日撮影

イメージ 1

習主席は、トランプ大統領との会談後に記者会見でこう述べたそうです。

会談は順調だったようです。

極東の安定にもっとの影響力のある2国が上手くやっていくことは良いこと。

日本は米国の同盟国だから、何を言っても単独での政治的影響力はほぼ0だし(相手は米国の言うことしか聞かない)日本に北朝鮮政府を止める力は全く無い。

日本国憲法の前文は「日本国民は、恒久の平和を念願」してと述べ、第2章は「国際紛争を解決する手段としては、永久に戦争を放棄」と宣言しているから歓迎するだけ。

ビール飲んで平和が一番

↑このページのトップヘ