2016年05月

意味
1 道理に合わないことを強引に正当化しようとする弁論。こじつけ。「―を弄 (ろう) する」
2 《sophism》論理学で、外見・形式をもっともらしく見せかけた虚偽の論法。
(以上goo辞書より)

用例
自分で、匿名の、第三者(たけしによれば間抜けな弁護士)を選び、厳正な調査をすると強弁すること。
(2016年5月舛添都知事(当時)の事例)

解説
社会通念では上記の用例は下記の通りの説明になります
自分で、匿名の、身内の弁護士を選び、自分の都合よいように調査をすること。


以上

たけし、舛添都知事に“辞職勧告”
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/25/0009117564.shtml

以下無断転載

タレントのビートたけし(69)が24日、神奈川県内で、「第17回叙々苑カップ 芸能人ゴルフチャンピオン決定戦」に出場した。政治資金問題で揺れる東京都の舛添要一知事(67)を、「万引の子どもを捕まえたようなもの。せこいよ。誰でも分かるウソをついちゃダメだって」と痛烈非難。“辞職勧告”をして、都政を託したい後任の名前を挙げた。

 ツービートの相方・ビートきよし(66)とのラウンド後、取材に応じたたけしは、都民の声を代弁するかのようにほえまくった。しょっぱなで、不倫騒動による休業から仕事復帰したベッキー(32)についてコメントを求められ、「別に何にも謝ることはない」と擁護。「舛添知事のワケの分からないまんじゅうを買ってる方が、よっぽど腹立つよ」と自ら話題を変えて、続出する疑惑をバッタバッタと切り捨てた。

 舛添知事とは、MCを務めるテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」で幾度となく共演。旧知の仲だが、「オイラ、都からいくら税金を取られてると思ってるの。ばかばかしい」と怒り心頭の様子だ。
「千葉のホテルで重要な会議して、来た人は言えませんって、いねえよ、そんなヤツ。家族の前でやるわけない」。「中古の車は公用車でも何でもないわけでしょ。都の金で買って」。舛添知事が20日の定例会見でしつこく繰り返した『第三者』に対しても、「誰なんだよ。どうせマヌケな弁護士だろ。精査なんかしなくても、分かりきったこと」と不要論を強調した。

 知事職を辞任すべきとして、後任には「ウチのハゲ国原(東国原英夫)じゃ、しょうがない。たいした都知事にならない。女で野田聖子とか小池百合子なら、ちょっとはアレかも」と初の女性都知事誕生に期待。「橋下徹は東京だと都構想が成功する…もともとあるよ!!」としっかり“オチ”をつけていた。

イメージ 1

イメージ 2

熊本地震の発生をきっかけに活断層の活動度や発生する地震の想定規模の資料を表面的にですが見ました。
そこで、活断層による評価はもっぱら地質学的根拠による過去の活動履歴と活断層の延長などによって判断されていることがわかりました。
測地的な歪みのデータは全く考慮されておらず、明らかに欠陥があります。

地球規模で見るとプレートの沈み込みによる、地震と火山の分布地域がほぼ一致することは良く知られています。
もっと詳細に見ると火山が分布する地域の近傍にはかならず活断層が分布しています。

むしろ、歪みによる破壊の現れ方に活断層と火山があるような気がします。

つまり、破壊した場所は、あると所では火山が噴出し、ある所では活断層となるのではないでしょうか。

今回の熊本地震は、明らかに、阿蘇山の新しい噴出物に覆われて活断層が隠れてしまっていると見られるころでも地震が発生しており、また、阿蘇山やくじゅう連山は活断層の延長上にあり、かつ、震源とはなっていません。

研究者からも提言があったようです。

発生確率推定見直しを 活断層区分の再考も必要 熊本地震、研究者が提言
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/247602
西日本新聞web版2016年5月26日

http://biz-journal.jp/2016/04/post_14718.html

以下無断転載

瀬戸内寂聴氏(93)が、今月12日発売の「婦人公論」(中央公論新社)に掲載された連載エッセイ「わくわく日より」で、一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏にエールを送っている。

 寂聴氏は作家でありながら得度し、大僧正の僧位を持つ。1958年に自身の体験に似せた主人公の奔放な生き方を小説『花芯』で描き、当時の風潮に逆らったとして世間から激しい批判を浴び、5年間文壇から干された経験を持つ。
 寂聴氏は「この一作の不幸な運命の為、かえって60年にわたる小説家の生活がつづいたという大切な作品である」と苦渋に耐えた思い出を語っている。
 寂聴氏は小保方氏の文章力に感嘆、本人の写真などを排し文章だけで自身の思いを練り上げたその清冽さを讃え、1月に発売された小保方氏の告白本『あの日』(講談社)を徹夜で通読し、さらに読み返したという。
「婦人公論」編集部によると、この連載は年明けから始まり、「日頃、寂庵さんがお感じになったことを綴ってもらっている」ということで、4回目の4月26日号で小保方氏へのエールにつながったようだ。そして、寂庵氏は小保方氏へのマスコミ報道は「狂気」であると批判。小保方氏に「日本だけが生きる場所ではない。必ずあなたはよみがえります。私のように」と、再生を期待するメッセージで締めくくっている。
 小保方氏の代理人である三木秀夫弁護士によると、小保方氏は女性として大先輩でもある大僧正のエールにとても喜んでいるという。
 波瀾万丈の人生を体現する寂庵氏の作家人生の支柱となった作品『花芯』は安藤尋監督により映画化が決定しており、女優の村川絵梨主演で8月6日から全国で公開される。
(文=上田眞実/ジャーナリスト)

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15081.html

http://news.livedoor.com/article/detail/11542115/

以下無断転載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
STAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所の研究室から何者かがES細胞を盗んだ疑いがあるとして2015年5月14日、元理研研究者である石川智久氏が刑事告発していた。しかし、1年あまりの捜査の結果、今月18日、神戸地方検察庁は「窃盗事件の発生自体が疑わしく、犯罪の嫌疑が不十分だ」として不起訴にした。

 地方検察庁が「窃盗事件の発生自体が疑わしい」という声明を出すのは異例だが、この騒動は一体なんだったのだろうか。

 告発者の石川氏は、当時メディアに対して次のように発言していた。

「私の調査から、小保方晴子氏が若山照彦教授の研究室(以下、若山研)からES細胞を盗み出したと確信した。(告発しなければ)さもないと日本の科学の信頼は地に落ちたままである」

 さらに石川氏は、独自に入手したという小保方氏の研究室(以下、小保方研)のフリーザーに残されていたサンプルボックス(細胞サンプルが入った容器)の写真をマスコミに提供し、そこにあるES細胞が動かぬ証拠だと主張していた。しかし、その後ジャーナリスト上田眞美氏の調査により、このサンプルボックスは若山研が理研から引っ越す際にそのまま残していった、いわゆるジャンク細胞(使い道のない細胞)であったことがわかった。

 理研では細胞などの試料を外部へ移動させる際には、MTA(試料提供契約)を必ず提出しなければならないことになっている。だが、上田氏の取材で、証拠として示したサンプルボックスに関しては、若山研からMTAが出されていなかったことが明らかになった。さらに、理研に対し若山研から盗難届も出されていなかったことも判明した。

 理研関係者に取材したところ、若山研に限らず、研究室が引っ越しする際に使わない試料をそのまま置いていくことが多かったという。残されたジャンク細胞の処分問題に理研も苦慮していた。小保方研にあったサンプルボックスも、そのひとつだったのだ。

 このサンプルボックスは若山研が13年に理研から山梨大学へ引っ越す際に残したものだが、その時点ではSTAP細胞の主要な実験は終わっており、英科学誌「ネイチャー」向けの論文作成が佳境に入っている時期だった。

 石川氏の主張が正しいなら、小保方氏は実験終了後にES細胞を盗み、過去にタイムトラベルをしてES細胞を混入させたSTAP細胞を若山氏に渡したことになる。このような非現実的な主張を、当時のマスコミは裏も取らずに大々的に取り上げ、小保方氏をES細胞窃盗犯のように報道していた。

●つくられた小保方氏犯人説

 さらにこの告発には伏線があった。14年7月27日に放送されたテレビ番組、『NHKスペシャル 調査報告 STAP細胞 不正の深層』である。同番組内では、若山研にいた留学生と名乗る人物(後に、Chong Li博士と判明)が登場し、小保方氏の研究室にあったサンプルボックスについて次のように証言していた。

「びっくりしました。保存しているのは全部ES細胞ですので、なぜかSTAP細胞に関係があるところに見つかったのは本当にびっくりしましたね。(小保方氏に)それを直接私が渡したことはないです」(Li博士)

 この発言を受けて、番組では次のようなナレーションを流していた。

「なぜこのES細胞が小保方氏の研究室が使う冷凍庫から見つかったのか、私たちは小保方氏にこうした疑問に答えてほしいと考えている」

 Li博士に対しては石川氏も取材したといい、Li博士は「(若山研では、続きの実験が計画されていたので、実験を)山梨大で続けるつもりだったが、ES細胞を紛失したことで、それを断念した」と語ったと証言している(「フライデー」<講談社/15年2月6日号>より)。

 そもそもLi博士のES細胞は、STAP研究とはまったく関係のない種類のES細胞であることは、石川氏の告発状が出される時点で判明していた。それにもかかわらず、『NHKスペシャル』と同様に石川氏は、あたかもLi博士のES細胞がSTAP研究に混入されたとされるES細胞と同一であるかのような告発状を作成し、マスコミに配布していた。石川氏の告発内容がのちに虚偽であったことが判明したが、マスコミはその告発状の論旨をベースに国民をミスリードさせていった。

 また、若山研ではES細胞を紛失したため実験が続けられなくなったと報道されたにもかかわらず、若山研から理研に対し紛失届が出されていない。本当に必要なサンプルだったのならば、実験を断念せず、理研に紛失届を出すのが自然だろう。それを出さずにマスコミに「盗まれたかもしれない」とリークする目的はなんだったのだろうか。NHKや毎日新聞がそうであったように、石川氏も若山研を情報源とするものが多いが、何か理由があるのだろうか。

 同番組放送後、世間は一気に「小保方氏犯人説」に傾いていく。その影響は今なお色濃く残っている。NHKは十分な取材をしたと主張しているが、なぜMTAを確認するという基本的な裏取りをせずに、このようないい加減な放送をしたのか疑問である。

 同番組は、昨年8月からBPO(放送倫理・番組向上機構)の審理に入っている。今年4月26日、BPO臨時委員会が行われ小保方氏からヒアリングを行っている。同日出席するはずだったNHK番組関係者は、熊本地震の取材を理由に全員欠席した。

 NHKスペシャル、そして石川氏による刑事告発によって、小保方氏の名誉は著しく毀損した。一人の研究者であり、ひとりの人間である小保方氏の人生を破壊しかねないこの事案に対して、今後どのような責任を取るのだろうか。そして野次馬のように小保方犯人説に便乗し、個人攻撃を徹底的に続けてきた無数の人物に問いたい。「あなたは、あなたの無神経な批判の刃の先に倒れたひとりの人間の人生を想像することができるのか」と。
(文=大宅健一郎/ジャーナリスト)

http://www.asahi.com/articles/ASJ5L5FQFJ5LPTIL02F.html

i以下無断転載
2016年5月18日朝日新聞webb版より

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

訪米中の小泉純一郎元首相が17日(日本時間18日)、トモダチ作戦の参加者ら同席で開いた記者会見での主な発言は次の通り。

小泉氏が涙 トモダチ作戦の健康被害「見過ごせない」
     ◇

【冒頭発言】

 私は先月、日本で、トモダチ作戦に参加された兵士たちが病に苦しんでおられる状況を知人から聞きました。トモダチ作戦は、日本側から米国側に要請して、米国は迅速に、しかも多くの兵士に参加していただきまして、全力を尽くして、救援活動に従事していただいた。

 そのトモダチ作戦に参加していた兵士の中で、放射能に汚染された(被曝〈ひばく〉した)と思われる兵士が、かなり多く出てきている。原発事故から5年経過したが、ますます症状も悪くなっている。このような善意によって、日本の被害に対して救援活動を行ってくれた兵士がいま、重い症状に苦しまされている。これがなぜ、日本国民にも知らされていないのか、不思議に思いました。

 そういう中で知人から、小泉が米国に行って、現実に病に苦しんでいる兵士たちから話を聴いてくれれば、もっとこういう状況が日本国民にも米国民にも知られるのではないか、というお話をうかがいました。

 そして、15日にここサンディエゴにうかがい、日本で救援活動をしていただいた10人の兵士の方から3日間、現在の病状や、日本でのトモダチ作戦の状況について、じかにお話をうかがうことができた。その10人の兵士の方が現在、重い病気で苦しみ、これからどうしようかと困っている話を聞いて、ぜひ多くの日本国民にも米国民にも知ってもらわなければいけないと痛感した。

 私は、総理の時代は原発を推進していた立場でした。しかし、5年前の福島原発のメルトダウン事故を経験して、日本の原発はゼロにしなければいけない、という活動をしている。私は元々、原子力技術や原発の問題、科学的な知識に乏しかったので、日本の原発は必要だという専門家や原子力関係者から話を聞いて、原発は安全で、コストは一番安く、永遠のクリーンエネルギーだ、という三つの大きな主張を信じていた。

 しかし、総理をやめて、こういう事故が5年前に福島で起こり、私なりに原発に関する様々な書物を読み、今まで原発に反対してきた方から意見も聴いてみて、分かりました。原発は安全、一番コストが安い、クリーン……。これが全部うそだということがです。

 そして10人の兵士からじかに話をきいて、ひどい状況だな、と。今なお、放射能の影響と思われる病気になった人が増え、病気になった人の症状が重くなっているということを知りました。4月に日本で知人からこの話を聞いた時には、(訴訟の原告が)200人を超えているということだったが、5月に入ると300人を超えていると。今ここに着いたら、400人という話を聞きました。

 特に、東北沖でトモダチ作戦の主要的な役割を果たしてくれた空母レーガン。これは韓国に行く予定だったのが、途中で東北地方での救援活動に参加しろという指令を受けて行ってくれたわけです。そこで、東北沖に停泊しながら何回もヘリコプターで救援活動をしていた兵士が、重い病気にかかっている。それが5年たっても、日本国民にも米国民にも実情が知られていないことを、ますます不思議に思っています。

 日本国民はトモダチ作戦に対して、敬意と感謝をもって、彼らの運動を称賛しているんです。しかし、実際に話を聞いてみて、これは放射能の影響による病気だということが分かりますよ。原子炉が爆発してメルトダウンして、そこで放射能が放出されたんです。

 そして、症状の重い兵士たちが東電に対して、おかしいんじゃないかと裁判を起こしたということを聞きました。東電は、これらの兵士の病気や健康被害は福島の事故と関係ない、と否定しているそうですよ。米国でも、病気になった人が米国のお医者さんにみてもらっても、「これは放射能の被害による病気じゃない」「分からない」という説明をしているそうです。

 私も、原発は安全でコストが安くてクリーンだという専門家の意見を聞いていたが、これは全部うそだということが分かった。お医者さんは専門家ですよ。素人の私でも、病に苦しんでいる10人の話をきいて、病気になっている原因は放射能だという感じがする。あの事故後、東京電力も隠している情報がいくつかあったということが今、分かっている。重い病を抱えている10人からじかに当時の状況を聞いて、米海軍も何か隠していることがあるんじゃないかと感じた。私の訪問と、病に苦しんでいる兵士からじかに聞いた行動が、より多くの日本人や米国民に伝わり、報道されて、ことの重大さに気づいていただく一助になればと思って、今回私は訪問した。どうも日本のメディアでも、放射能に関して隠していることがあるんじゃないか。伝えたくない状況にあるんじゃないか。そう感じています。

 ただ、日本の重大な事故に対して、トモダチ作戦を展開して、救援活動を全力でしてくれたことには、心から感謝しています。しかし私はこうして被害にあって病気に苦しんでいる兵士たちの話をきいて、気の毒だなと思うだけではすまない。見過ごすわけにはいかないと思っています。日本国民として、米国の兵士たちに敬意と感謝をもっているわけですが、気持ちだけじゃなく、病に苦しんでいる人たちに何か支援をすべきだと強く思っています。

残り:4157文字/全文:6346文字

ES細胞窃盗で不起訴 神戸地検「発生疑わしい」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H99_Y6A510C1CC1000/

窃盗事件の方こそねつ造ということ。

スズキ、燃費データで不正な算出の可能性 国交省に報告へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18H6E_Y6A510C1000000/

憲法学者の意見を聞かない安倍首相、破滅のはじまりか

主だった憲法学者がそろって安保関連法案は意見だと言っている。
それを詭弁をつかって退け、国民がその論法に徐々になれていき、いつのまにか誤ったことが正しいことになる。

先の大戦の時の似ている。

↑このページのトップヘ