2013年11月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

1.神前結婚式2
2.神前結婚式3
3.末廣稲荷神社のきつね様
4.隋神門から境内、境内を写生している人たちがいます

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

1.隋神門の大黒様とねずみのエピソードの彫り物
2.手水舎
3.えびす様
4.神殿から境内
5.AKB15
6.東京スカイツリー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

東京出張中、帰りの飛行機までの時間つぶしにお茶の水に行った。
意図せずして神田神社にたどり着いた。
江戸庶民の神社らしく、テーマパークみたいなにぎやかさで面白い。
↓神田神社(神田明神)HP
http://www.kandamyoujin.or.jp/

1.鳥居
2.らしくWONDAの自販機
3.隋神門
4.後神殿
5.神前結婚式
6.裏手にある末廣稲荷社の飾り

http://www.youtube.com/watch?v=e10t5FR_cq8

「「まるで歌舞伎」? 最高裁の選挙違憲判決に海外紙は疑問

更新日:2013年11月21日
カテゴリー:政治
あとで読む

メールマガジン購読

 最高裁判所大法廷は20日、2012年12月の衆議院選挙は「違憲状態」だったとの判決を下した。1票の価値に最大で2.43倍の格差があったためだ。ただし原告が求めていた選挙結果無効の訴えは退けた。

 最高裁は今年3月にも、最大格差が2.30倍だった2009年の衆議院選挙を「違憲状態」との判決を下している。ただし、選挙結果を無効とはしなかった。「構造的な問題が最終的に解決されていない」として、国会に制度や区割りの是正を求めた。

 原告の弁護士たちは、長年繰り返されてきた選挙区の矛盾は残されたままだとして、「今回の判決は、我々の問題提起に答えてはいない」と最高裁の判断の甘さを非難した。

 安倍首相は判決に対し、「厳粛に受け止めている。これから判決内容を精査していきたい」と答えた。

【海外紙は、形式に過ぎない忠告だと批判的】
 ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、最高裁は決して、ひとり1票という憲法の原則に反するとして選挙結果を無効としたことはない、と報じている。「違憲状態にある」という表現も、深刻な違憲問題に対処する際、裁判所が便宜的に使用するいろいろな文言のひとつに過ぎないという。例えば、より語調を強めた「違憲だが(選挙は)有効」、さらに無効を認める「違憲で無効」 などがある。

 さらに同紙は、最高裁が最近の国会の格差是正の取り組みを認め、いくつかの選挙区では「違憲状態だが、選挙結果は違憲ではない」と判断したことに懸念を表している。このような言い回しは、政治家が形式的に忠告を受ける儀式のようなもので、「まるで裁判所が大見得を切る歌舞伎をみているようだ」と同紙は判決の重さを疑問視している。

 ニューヨーク・タイムズ紙も、違憲状態だが改善を政治家に任せるという判決は、20年以上繰り返された判断と変わりはない、と報じている。最高裁は、2012年12月の参院選には間に合わなかったものの、国会は既に同月、選挙区画を改訂するなどの法案を可決し、格差是正のためにさらなる法案を検討していることなどを理由に、裁判所が選挙改革を強制する必要はない、としている。

【アベノミクスのためにも構造改革を進めるべきとの声】
 また日本の選挙制度は、都市部の少ない若者よりも、地方の多くの高齢者がより強い影響力を持つ、と海外紙は報じている。このため政治家は、高齢者の関心が高い福祉の問題に重点を置き、経済成長のための政策に関しては保守的だとも指摘されている。

 ロイターは「選挙改革はアベノミクスの根幹に関わる」とのエコノミストの意見を取り上げている。同氏は、このままでは既得権益が保護されている現状を変えることはできないとして、経済・財政改革も難航すると予想している。」

ボクシングの判定ってなんだか良くわからん。
私も亀田興毅が負けたと思った。
相手のパンチ力がないからしのげたけど、ぼこぼこパンチもらってた。
ディフェンスちっともうまくない。

「孫から「日本のファンも僕が勝ったと思っているはず」と言われ、相手陣営はWBAに提訴する考えを明かした。
WBA世界バンタム級タイトルマッチ(19日、韓国・済州)プロボクシングWBA世界バンタム級王者の亀田興毅(27)=亀田=が、挑戦者で同級14位の孫正五(32)=韓国=に2-1の判定勝ち。格下の相手に10回にダウンを喫するなど薄氷を踏む勝利で8度目の防衛に成功し、日本男子史上4人目の海外防衛を果たした。
SANSPO.COMより

まず一箇所
でもメルトダウンして格納容器の底に穴があいてるんじゃないかって言われてるはずだけど、それは絶対カメラでは見えんですよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「原子炉建屋地下、汚染水の漏出状況を確認
東京電力は13日、炉心溶融した福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋地下の2か所で、汚染水が漏れ出している様子を確認したと発表した。

 水漏れ箇所は、原子炉格納容器下部のドーナツ形をした「圧力抑制室」の近くで、格納容器から汚染水が漏れている大まかな場所が分かったのは、燃料が溶融した1~3号機を通じ初めて。

 40年にわたる廃炉作業で、1~3号機の原子炉からの溶融燃料取り出しは最大の難関となる。そのためにはまず格納容器の漏水を止める必要があり、今後、格納容器の漏えい箇所を特定すれば、溶融燃料取り出しに向けた重要な第一歩となる。

 圧力抑制室が設置されている地下室には汚染水がたまっている。東電が13日にカメラを積んだ小型ボート(全長約90センチ)を地下室に入れたところ、南東側にある圧力抑制室と格納容器本体をつなぐ「ベント管」の付近で、圧力抑制室の外壁面を水がつたっていた。亀裂や穴などはカメラでは確認できなかったが、圧力抑制室の上部や、その上を通る配管などが破損している可能性があるという。
(2013年11月14日08時09分 読売新聞)」

福島原発事故:甲状腺がんの子、8人増え26人に

毎日新聞 2013年11月12日 22時52分

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」検討委員会が12日、福島市で開かれた。甲状腺がんと診断が「確定」した子どもは、前回8月の18人から8人増え26人になった。「がんの疑い」は32人(前回は25人)。

 検討委の星北斗座長は記者会見で「現時点で、甲状腺がんが原発事故の影響で明らかに増えているわけではないと理解している」と述べた。がんが確定した26人は全員手術を受け、経過は良好という。

 また、原発事故が起きた2011年3月11日から4カ月間の外部被ばく線量の内訳を公表した。(共同)

応援します。

「小泉元首相会見:「原発拒否」再燃警戒 政府・自民苦悩

毎日新聞 2013年11月12日 21時46分(最終更新 11月12日 23時42分)
記者会見で手ぶりを交えて話す小泉元首相=東京都千代田区の日本記者クラブで2013年11月12日午後1時55分、山本晋撮影
記者会見で手ぶりを交えて話す小泉元首相=東京都千代田区の日本記者クラブで2013年11月12日午後1時55分、山本晋撮影
拡大写真

 自民党の小泉純一郎元首相は12日の記者会見で、安倍晋三首相に「即時原発ゼロ」の政治決断を迫った。「脱原発」を唱える小泉氏がこの日、狙い定めたのは、安倍首相ただ一人。自民党の慎重論に抗し、持論の郵政民営化を実現させた自らの経験を引き合いに出しつつ、「首相が決断すれば、原発ゼロ反対論者もだまる」と説いた。

 「首相はピンチをチャンスに変える権力を持っているんですよ。この環境を生かさないともったいない。分かってほしい」

 小泉氏は会見で繰り返し「首相の権力」にふれ、会場にいない安倍首相にこう呼びかけた。2006年9月に首相を退任して以来、「テレビ出演も一切していない」。久しぶりの表舞台で、小泉氏は「安倍首相は大きな権力を国民が協力できる大きな事業に使っていただきたい」と訴え、同じ首相経験者として脱原発へ政策転換を促した。

 脱原発への発信を強める小泉氏を支えるのが、「脱原発」志向の世論だ。東京電力福島第1原発事故後に強まった「原発拒否」の空気はなおくすぶり、原発を抱える自治体にも再稼働への慎重論が残る。小泉氏は会見で「世論は軽視できない。大きな底流となっている根強い世論をどう読むかも、政治家として大事だ」と力説してみせた。

 政府・自民党は苦しい対応に追われた。小泉氏の会見後、評価を聞かれた菅義偉官房長官は12日の記者会見で「政府としては、エネルギーの安定供給、責任あるエネルギー政策を推進していくことが極めて大事だと考えている」と述べるにとどめた。自民党の石破茂幹事長も同日の記者会見で「小泉さんの発言と党の方針にそごはない。原発依存度を下げる方向に変わりはない」と火消しに努めた。

 自民党は7月の参院選公約で原発再稼働について「地元の理解が得られるよう最大限努力する」と前向きな姿勢を示した。しかし、民主党政権が「30年代に原発ゼロ」を掲げざるを得なかった国民の根強い原発不信も無視できない。安倍首相は「原子力比率を引き下げる」としつつ、一定の原発維持の可能性を探っている。」

動画見つけました。
原発事故をごまかし国民を欺こうとしたことば「絆」...そのことを娯楽のなかでそれとなく厳しく弾劾した脚本家の気迫を感じました。
見逃した人は必見です。

http://www.youtube.com/watch?v=GGyaQsNb458&list=FL9JLVLM092Yb-R1M6ym3b5A

↑このページのトップヘ