2006年01月

日曜日は久しぶりに休みを取って京都に行き、京都駅から東本願寺、河原町と散歩しました。
知識では知っていても実際に歩いて見ると食べ物、社寺仏閣などなどすべてに歴史伝統が生きていて、北海道育ちの私にはちょっと外国を見るような気がしました。

仕事はのびのびでボーリングが掘れないうえに延長になり2月にずれこみ確実です。

イメージ 1

今度は頭の方から
ペットが野生化した、南米産のカピバラかという意見がありますが

イメージ 1

イメージ 2

亀裂の多さから、頻繁なコアつまり、セメントとケーシングによる保孔、ルジオンテストがあるため、ボーリングは日進2m程度。現場はのびのびです。
おそらく月末まで京丹波町です。
その後札幌にもどって取りまとめ、10日?

写真上:現場の綺麗な湧き水
写真下:なぞの動物の遺骸、尻尾を入れて大きな猫ほどもあるビーバーみたいな動物ですが、なんでしょう?ご存知のかた教えてください。発見場所:京丹波町

イメージ 1

イメージ 2

京丹波町の現場の主要岩石は丹波帯の層状チャートです。
2~5cm間隔で泥質な薄層をはさんでいて、綺麗な板状に割れています。

イメージ 1

イメージ 2

7日にここ京丹波町(泊まっているのは隣町の南丹市園部町)に来てはや10日になります。
はじめは私が引き連れてきたのか、積雪が20cm程度あり、地元の人も今時期にしては雪が多いと言っておりましたが、一昨日の雨とその後の暖気でようやく雪がほとんど消えました。
やはり、山間部ですが、北海道に比べると格段に暖かいですね。
また、風景も日本の昔話に出てくるような雰囲気です。
仕事は京丹波町にある小さなダムの現場です。
携帯モバイルで接続しているので、なかなかインターネットにはアクセスできません(お金がかかって)

イメージ 1

イメージ 2

先日の平取は小さな水路トンネルの調査だったんですが、秋と冬の違い。
上05年11月13日
下05年12月27日

今年もよろしくおねがいします。

↑このページのトップヘ